肌の透明感を出すには?

肌の透明感を出すには?どうればいい!?

 

肌の透明感を出すにはどうればいいのでしょうか?

 

多くの方は美白化粧品を使うことが肌の透明感を引き出す

 

とお考えなのかもしれませんが、実はそうではなく、

 

肌の透明感を作るのはこの2つ「毎日の洗顔と保湿」なのです。

 

 

肌の透明感って何?

 

私たちは「肌の透明感」という言葉をよく使いますが、

 

肌の透明感の本当のところって一体何でしょうか?

 

もちろん、キメが整っている肌も、透明感を表現する為の1要素。

 

でも、実際は肌の透明感を表現する為に最も大部分を占めるのは

 

角質層内にある水分量の多さなんですね。

 

そう、透明感とはみずみずしい肌の事であり、肌のキメが整い、内側から

 

潤いに満ち溢れた肌の事を言います。肌の白さではないんですね。

 

 

肌の透明感を出すには?

 

肌の透明感を出すには肌の角質ケアをすることがまず第一。

 

つまり、洗顔ですね。洗顔により汚れや古くなった角質を洗い落とすと

 

肌のニゴリ(くすみ)を除去することができ、肌に透明感が出やすくなります。

 

その上から保湿成分が入ったスキンケアを使うことで肌のキメを整え、

 

角質層の奥までしっかり潤すことができれば、透明感のある肌に

 

導くことができるでしょう。

 

肌に光が当たった時、光を反射するのは肌のキメが1割です。

 

残りの9割は角質層内の水分量が光を跳ね返してくれるんですね。