冷房による乾燥肌はどうする?

冷房による乾燥肌の原因と夏の美容ケアについて。

 

夏は冬に比べて乾燥しづらいと思う方が多い。

 

果たしてそうでしょうか?

 

気温が上がって汗をかき、汗の蒸発と共に肌の水分って

 

奪われるもの。また、冷房の効いた室内で過ごす時間が

 

長ければ肌が乾燥し、乾燥肌になっちゃいます。

 

なぜなら、冷房の効いた室内は空気中の水分が通常よりも少なく、

 

空気が乾燥しがちになるからです。

 

 

そのような環境に肌が長時間さらされると、

 

肌はより乾燥し、肌の水分が奪われてしまいますよね?

 

 

ところで、いま冷房の効いた部屋にいるアナタは

 

●肌の表面を触るとざらざらしていますか?

 

●気が付くと唇が乾燥している

 

●肌が痒くなる時がある

 

●静電気が起きやすい

 

1つでも当てはまったらヤバいと思ってください!

 

アナタの肌は現在乾燥ちう(汗)

 

夏のダメージを残さない大人の美容術とは?

 

冷房がガンガン効き、空気中の水分が少ない環境にいると

 

乾燥肌になります。乾燥肌になると肌のキメが乱れるんですね。

 

肌のキメが乱れた状態だと、UVケアが思いのほか効かない。

 

効かないから環境ダメージを受けやすく、

 

通常よりもケアしづらい状態に陥っていることもしばしば。

 

 

健やかな肌を維持するためには、

 

今日受けたダメージはその日のうちにケアすることが超重要!

 

自宅で出来るケアで十分間に合いますので、今日から

 

夏のダメージを残さない健康肌を作っていきましょう。

 

ポイントは洗顔と保湿です!

 

 

紫外線で受けたダメージを肌に表面化させないためには

 

汗、汚れ、皮脂、古い角質をしっかり洗い落とすことが最優先。

 

 

ただ、こする洗顔は止めましょう。なぜなら夏の紫外線にさらされた肌は

 

意外と表面が傷ついている可能性もあるから。

 

泡クッションによる泡洗顔で対応しましょうね。

 

 

さらに、泡洗顔による日々の洗顔をすると肌の調子も整うから、

 

そこに保湿成分をたっぷり肌に与えることで(角質層の隅々まで)

 

肌のキメが整えること。

 

そうすると、冷房による乾燥にも負けない、また

 

紫外線による環境ダメージを受けにくい肌状態に整える事が期待できます。